茨木市 歯科 歯科医院 小児歯科 プチ矯正 歯周病 無痛治療 インプラント ホワイトニング 歯医者


『親知らず』について

『親知らず』について

『親知らず』は、前から数えて8番目に生えてくる歯の通称で、その他に、『智歯(ちし)』と呼ばれたりもしますが、正式には第三第臼歯と言います。

通常であれば、15歳ぐらいまでに上下28本の永久歯が生え揃ってきます。その後、思春期後半から20歳頃にかけて、永久歯の中でもっとも最後に生えてくる歯が親知らずです。他の大臼歯にくらべて退化傾向が強い歯で、親知らずそのものが最初からない方も多くおられます。
親知らず』がある場合は、生え出るスペースがなくてあごの骨の中に埋まったままになってしまう事が多く、きちんと最後まで生えてこなかったり、生えてくる時に痛みがあったりと、少し厄介な歯でもあります。
また、歯みがきがうまくできていない場合が多く、歯ブラシが届かず、歯肉炎や歯周病、虫歯になってしまう可能性が高い歯です。最悪な場合、親知らずが原因で骨がとけてしまったり、虫歯が進行してしまい、一つ前の奥歯までも巻き添えにしてしまうこともあります。

このような症状がある時は、多くの場合、抜歯することが最良の治療法と考えられます。
まっすぐはえている親知らずが虫歯になってしまった場合、虫歯の治療をすることもありますが、一番奥の歯で向きが悪いこともあり、治療器具がうまく届かず、治療の精度が悪かったり、その後の、セルフケアも難しいため、高い確率で虫歯の再発が起こってしまいます。
しかしながら、親知らずでも手前の歯と同じようにきちんと生えていて、上下でしっかりと噛める状態であれば、抜かなくても良い場合もありますが、歯みがきがうまくできない方であれば、抜歯した方が良いと考えます。
親知らずを抜くか抜かないかは、親知らずが原因となって何らかの支障が出るかでないかによります。
また、親知らずだけの問題ではなくて、その前に生えている歯に対する影響度や歯並び、かみ合わせなど、お口の中全体を考えて、抜くか抜かないかを決めていくことになります。


親知らずが生えてきたために起こるトラブル

下記のような症状がある場合は、親知らずを抜かれた方が良いでしょう
 親知らずを抜くことで、他の大事な永久歯を大切に守られることが重要と考えます。 不必要と考えられる親知らずの場合、その歯の抜歯を避ける事で、 その他の大事な歯やお口の中全体に悪影響を与えてしまうことが、一番のマイナスではないでしょうか。

親知らずの周りの歯ぐきに炎症が起こり始めている可能性があります。専門的に言うと、智歯周囲炎の疑いがあります。親知らずは、歯のほとんどが歯ぐきのなかに埋もれていたり、傾斜して生えていてまっすぐに生えてこないことが多い歯です。そのため、親知らずの周りの歯ぐきは汚れがたまりやすく、細菌による炎症症状が起こりやすい状態になっています。
症状が進行すると、歯ぐきが赤くなったり、大きく腫れたりします。そのまま放置されると、膿がたまって、顔の方まで大きく腫れ上がってしまう場合もあります。このような場合でも、初期の段階であれば、歯科医院での消毒や化膿止め(抗生剤)の服用で症状がなくなることがほとんどですので、このような場合、はやめの受診がおすすめです。しかしながら、一時的に症状を改善できたとしても、原因の親知らずはなくなりません。一度炎症をおこした親知らずは、抜歯可能な時期にはやめに抜歯される方が良いでしょう。また、親知らずは見えないけれど、奥歯の不快感がなかなか取れない時はレントゲンを撮影させていただくことで、親知らずがあるかどうかを診査させていただくことがあります。

歯ぐきに炎症がある場合は、すぐに親知らずを抜くことはできません
化膿止めを服用していただき、炎症が落ち着くまでは、麻酔が効かなかったり、 抜歯後の出血が止まらなかったりすることがあるためです。
通常は、化膿止めを3日間程度服用して頂き、症状の改善を待ってからの抜歯となります

虫歯になっている

親知らずは、永久歯の中でもっとも遅くに生えてくる退化傾向が強い歯です。 アゴが小さくなってきた現代人では、親知らずがきれいに生えてくるスペースがありません。 そのため、親知らずそのものが生えてこない方もいれば、小さくて気がつかない方もいて、歯の質も他の歯に比べて弱くなっていると言われています。
一番奥に生えるているため、生えていることに気づかないまま全く歯みがきができていなかったり、歯ブラシがうまく届かず、歯肉炎や歯周病、虫歯になっている場合が多くあります。
歯ぐきの腫れや痛み、虫歯の痛みなどが生じる前に抜歯された方が良いと考えます。 親知らずは、手入れもしづらく虫歯や歯周病になりやすいのです。


噛むと痛みがある

親知らずにできた虫歯が、進行している可能性や親知らずの周りの歯ぐきが炎症を起こしている可能性があります。
このような場合も、基本的には、『歯ぐきが腫れる』、『虫歯になっている』にある項目と同じ考え方で親知らずを抜く必要があるかどうか診断します。 その他としては、親知らずが反対側の歯ぐきにあたっていたり、上下の親知らずで歯ぐきや頬を噛み込んでこんでしまっている可能性があります。 特に、このような症状は上の親知らずが外側や下の方に飛び出して生えている場合に多く起こります。
このような症状の方は、親知らずは、まっすぐ生えているものの、食事のために必要な咀嚼の妨げになったり、歯ブラシが届かず、歯肉炎や歯周病、虫歯になっている場合があります。 歯ぐきの腫れや痛み、虫歯の痛みなどが生じる前に抜歯された方が良いと考えます。


噛み合わせがおかしいような気がする

親知らずが外向きに飛び出したり、斜めに生えていたりすると、向かい側のひとつ前の奥歯と良くない形で噛み合わさってしまっている場合があります。
このようなずれた形で噛み合わさっていると、あごに痛みが生じてしまったり、歯が極端にすり減ってしまうことがあります。
上の親知らずは抜歯したけど、下はそのままなので、下の親知らずが生えてきてしまった場合や、上か下かいずれか片方の親知らずしか生えていない場合などに起こりやすい症状です。
また、上の親知らずが外側や下の方に飛び出して生えている場合などにも、よくみられる症状です。噛み合わせが大きくずれてしまったり、顎関節症の症状がひどくならないうちに抜歯された方が良いと考えます。


歯並びが悪くなった

高校生ぐらいまでは歯並びがよかったのに大人になってから歯並びが悪くなることがあります。 これは親知らずの生え方が原因である場合があります。 親知らずが生えてくるときに、後ろから前の歯を押していることがまれにあります。 矯正治療をされている方などは、早期に親知らずを抜歯される場合がほとんどです。 このことからもわかるように、前の歯を押すような形で生えている親知らずは、はやめに抜歯される方が良いと考えます。


歯みがきがうまくできない

最近は、予防歯科がすすみ、痛みがなくても歯科医院へ来院される方が増えてきています。
そのような方の場合、しっかり丁寧に歯みがきされていますが、そのような方でも、親知らずのみがき残しは目立ちます。
予防的な意味合いからも、患者さん自身の歯みがきでは、うまくケアできないような親知らずは、抜歯された方が良いと考えます。

レントゲン写真で陰がある

自覚的な症状がなくても、X線撮影をすると親知らずの周りに黒い陰が見えている場合があります。
このような場合は、抜歯された方が良いと考えます。また、ごく稀にですが、埋まった親知らずの周りにのう胞と呼ばれる病気ができてしまい、レントゲン写真上に円形の陰が見える場合があります。
このような場合、大学病院などへご紹介させていただき、精密検査や入院手術などが必要となってくる場合もあります。


『親知らず』を抜かなくて良い場合

『親知らず』も大事な永久歯の1本です。
次のような場合には、抜く必要はありません。
また、親知らずを歯の移植に利用できる場合もありますので、 可能性がある場合は、残されることをすすめさせていただいています。

  • 手前の歯と同じようにきちんと生えていて、上下でしっかりと噛める状態であれば歯を抜く必要はありません。
    その場合は、ご自身でしっかりと歯みがきできることが前提となります。
  • あごの骨や歯ぐきの中に完全に埋まっていて、あごの骨や歯ぐきに特に悪影響がない場合

『親知らずの抜歯』について


『親知らず』を抜歯する時期

抜かなくて良い場合を除いて、『親知らず』は、20歳前後の生えてくる時期に できるだけ早めに抜歯されることをおすすめします。 これまで、色々な患者さんをみさせていただきましたが、特に、次のような方は、早い時期に抜歯されることをおすすめします。

  妊娠、出産を控えた、若い女性の方

妊娠されると、ホルモンの影響などで歯肉炎や歯周病のリスクが高くなることがあります。また、つわりでうまく歯みがきができず、妊娠中に虫歯をつくってしまったり、歯周病を悪化させてしまう方も少なくありません。
そのため、親知らずにトラブルが生じてしまうこともよくあります。
もし、妊娠中に痛みがでたり、歯ぐきが腫れたりした場合は、化膿止め(抗生剤)や痛み止め(消炎鎮痛剤)を服用し、症状を改善させた上で抜歯したり、そのまま経過をみさせていただくことになります。
妊娠中のお母さんと同様に、当院でも、なるべくは妊娠中のお薬は控えたいと考えております。 授乳中も同じような考えのお母さんが多いように思います。

若い女性の方は、妊娠、出産、そして、子育てと、なかなか、ご自身の歯やお口に対してケアできない時期が数年続いてしまうことがあります

当院では、妊娠される前に、問題となる親知らずがないか確認させていただき、抜く必要がある場合には、妊娠前の親知らずの抜歯をおすすめします。
また、妊娠前に虫歯や歯周病がないかを確認することで、安心して出産できるよう、予防的な歯科への通院のために、マタニティ歯科への受診をおすすめしています詳しくはこちら
抜く必要がある親知らずがないか、また、痛みなどの自覚症状のない方でも、妊娠前に虫歯や歯周病のチェックをされることをおすすめします。

│   TOP   │   HOME   │