茨木市 歯科 歯科医院 小児歯科 プチ矯正 歯周病 無痛治療 インプラント ホワイトニング 歯医者


小児歯科

小児歯科

お子様の治療について

小児歯科
子供たち
子供のために
元気な歯
子供のために
子供たち
キッズスペース
乳歯から先取って虫歯の予防に努めることで、健康できれいな 永久歯と歯並びを手に入れることが目標です!

大人でも虫歯や歯周病の予防がとても重要ですが、お子様の場合、虫歯をつくらないように予防に努め、きれいな永久歯をつくることで、健康なお口の環境へと育んでいくことを当院の目標としています。
また、永久歯への生えかわりを見ていくことで、正しい位置に永久歯が出てくるかどうかを確認でき、きれいな歯並びをつくり出すことにも役立ちます。




乳歯は生えかわるから虫歯になっても大丈夫?

“大きくなれば永久歯に生えかわるから、乳歯が虫歯でも問題ないですよね〜”と言われるお母様がおられます。しかし、これは全く間違った考えです。
お子様の虫歯を放ったらかしにして大きな虫歯をつくってしまうと、永久歯の成長を妨げたり、歯並びにも大きく影響したりしてしまいます。
乳歯こそが、永久歯をしっかりと育ててくれる大切な歯なのです。 だからこそ、乳歯の間でも歯の治療を行なうことが大切になります。




乳歯の虫歯は大きくなりやすい!!

乳歯は永久歯に比べ歯質が弱いため、一度虫歯になってしまうと、永久歯よりもずっとはやく進行してしまいます。放置していると、あっと言う間に、歯の根の中まで悪くしてしまいます。そこまで進むと、次にひかえている永久歯にも影響が出てきてしまいます。




乳歯と永久歯はどう違うの?

子どもの口、大人のお口には、それぞれ乳歯と永久歯が生えています。
乳歯の間は、自分でしっかり歯みがきができず、虫歯の原因となる歯垢がたまりやすくなります。さらに、永久歯にくらべ歯質が弱いため虫歯になりやすく、進行しやすいため、痛みがでてくる場合が多いです。
また、永久歯は一生使わなければなりませんが、乳歯は永久歯が出てくるまでの代わりの歯なのです。交換していく乳歯は、一生持たせるような永久歯の治療とは方法が異なり、大きく削ったり、大きなかぶせをかぶせたりと言うような治療が必要なことはほとんどありません。




お子様の“歯みがきチェック“はされていますか?

お子様の歯を虫歯から守るには、やはり歯みがきがなによりも大切です。しかしながら、お母さん自身で確実に仕上げみがきを行うことはなかなか難しいものです。また、幼稚園や保育所に行くようになってくると、お子様自身でちゃんと歯みがきできるようにならなければいけません。
上原歯科では、お母さんにも歯みがきのチェックやしっかりとした仕上げみがきを行なっていただけるよう、正しい歯みがきの仕方をお教えいたします。
また、お子様にも自分自身でちゃんと歯みがきができるように優しく、ていねいに歯みがき指導を行います。
根気強く頑張ってやりましょう!




歯医者さんは怖くない?!

大人の方でも、歯医者は苦手、怖いと言う方が多いかと思います。お子様では、“病院へ行く”、“白衣を見る”、それだけでも不安や恐怖を抱いてしまうものです。
そのようなお子様に対しても、“歯医者さんは怖くない”、“歯医者さんに行くのが楽しい”、そんな風に思ってもらえるような、歯科医院を目指しています。
まず、こどもと同じ目線になって治療前の不安や恐怖を取り除くよう心がけます。また、治療を嫌がっているお子様に対して、無理に治療をすすめていくことはありません。痛みがあるような場合でも、ひとまず痛みのない治療で痛みをおさえてから、本格的な歯の治療をすすめていきます。




まずは、歯医者さんに慣れましょう!

上原歯科のスタッフは子どもが大好きです。チェアーに座ったら、すぐに治療ははじめません。まずは、安全な治療に使う器具に触れたりしながら説明し、お子様とコミュニケーションをとっていきます。その後、歯みがき指導などの簡単な治療から歯医者さんに慣れていってもらいます。
また、治療にはなるべく時間をかけません。1回の治療時間が長かったり、通院が長引くと、歯医者さんに行くことが嫌になってしまうからです。テキパキとした治療をこころがけていきます。




一生健康なお口の環境を手にいれるには?

先程お話したように、お子様の間からの予防が大切です。
一生健康なお口の環境を保つために以下のような取り組みをしています。
@ 仕上げみがきも含めた歯みがきの指導(セルフケア
A 定期的な歯科医院でのメンテナンス(プロフェッショナルケア
B おやつの与え方、食生活などの指導(食育指導



子どもの頃から定期的に歯科医院へ通院する習慣を身につけていくことで、歯の大切さを知り、自分の歯への健康意識が高まります。
成長してからも自分自身で歯を大切にする意識を保つことが、生涯にわたるお口の健康の維持に役立つことを願っております。

│   TOP   │   HOME   │