上原歯科

当医院の特長

デンタルマネージャーがお悩みをしっかり聞き、分かりやすく説明します。

患者様それぞれに違った歯の悩みがあります。そういった背景を治療側が理解しなければ、良い治療にはなりません。また、患者様からの不満に「何の治療をしているのかわからない」というものがあります。そこで、上原歯科では、デンタルマネージャーと呼ばれる専任のカウンセラーがいますので、患者様のお悩みをしっかり聞いて、症状や治療方法についても分かりやすく説明しており、患者様には大変好評をいただいております。

歯を削る量を最小限にとどめる治療を行います。

当然、歯を削る量が大きければ大きいほど、歯が弱くなります。そこで上原歯科では、歯をできるだけ削らないような治療を心がけています。

●ダイアグノデントペン

ダイアグノデントは、判断が困難な、あるいは、発見が不可能な、歯質変化を早期の段階で認識出来るレーザー機器です。これにより、局所的な治療(歯を削る量を最小限にすること)が可能となり、患者様の歯質の保存につながります。

できるだけ痛くない治療を心がけています。

多くの患者様が「歯の治療は痛い」と考えられ、歯医者を敬遠(?)されています。何を隠そう、院長の私も痛いことは嫌いです。。。
上原歯科医院では、麻酔時に電動注射器を使用し、細い針で少しずつ麻酔液を出すように調整するなど、治療の痛みを最小限にするように心がけ、患者様にリラックスして治療を受けていただけるようにしております。またレーザー治療による痛みの少ない治療も行っています

詳しくは痛みの少ない治療のページをご覧ください。

ドクター2名体制による総合的な治療が可能です。

歯科口腔外科担当のドクターをはじめ、計2名のドクターがいるため、患者様の症状に合わせたドクターが診療を行います。
また、患者様との相性の問題もあるため、例えば「この先生とは合わない」ということをおっしゃって頂ければ、担当ドクターを代えることも可能です。
また、女性ドクター希望の方もお知らせ下さい。

器具の消毒・滅菌を徹底しています。

上原歯科では、紙コップ、紙エプロンですべて使い捨てにし、器具は一度使った後にすべて滅菌パックをするなど、院内感染の防止を徹底しています。

メインテナンス(予防歯科)に力を入れています

歯を長持ちさせるには必ずメインテナンスが必要になってきます。
歯周病も虫歯の問題も、いくら治療をしたとしても、その後のお口の環境を維持しないと、また再発してしまいます。車に例えれば、雨の日にそのままにしておくよりも、車庫に入れて定期的に洗車をしたほうが長持ちするのと同じです。上原歯科では、予防のエキスパートである歯科衛生士が複数在籍していますので、患者様に合わせた十分なメインテナンスを行うことが可能です。

●歯周病の患者様には…

できるだけ医院の方で積極的に掃除をします。患者様の歯周病の進行具合に応じ、お一人お一人に合わせて、クリーニングの時期も調整しております。

●虫歯の患者様には…

食事の回数や食習慣のご確認、お口の中の総合診断、また必要に応じて唾液検査なども行って、虫歯予防に取り組んでおります。また、定期健診では、積極的にお口の中をクリーニングしています。

常に新しい技術の習得のため、研修しています。

医療技術は日々進歩しており、私たちも常に研鑽していく必要があります。 上原歯科では、院長は最低年に2回研修会に参加し、スタッフも接遇マナーやカウンセリングなどの研修会に参加しています。
また、スタッフが全員集まってのミーティングも定期的に行うことで、スタッフ全員の意識を高めるよう努めています。