上原歯科

レーザー治療~ 当院では歯科用レーザーが出だした時から、使用しています。

レーザー治療とは

セルコンZ冠とは新しいジルコニア素材、”セルコンht”と先端デジタル技術で製作するからだにやさしい、低価格のフルクラウン&ブリッジで差し歯、ブリッジ、かぶせ物の新しい選択肢となります。

当院で使用しているレーザー治療器は、副作用もなく、妊娠中の方、高血圧・心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して治療を受けられる機器です。

  • 治療中の不快な「キーン」という音や、 「がりがり」という振動がありません。
  • ほとんどの治療が麻酔なしでできます。
  • 菌を駆除する効果があり、治療後の経過が良好です。

かなり一般的にはなってきたレーザー治療ですが、実際に歯科治療にどのように使われているのかはご存知の方は少ないと思います。

レーザー治療の効果

歯周病

歯周病は歯ぐきから血が出たり、口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。レーザーを当てることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。また、腫れているが麻酔注射が使用できない方でも、無麻酔でレーザーを用いて切開し、炎症を止めることもできます。

知覚過敏

水を飲んだり歯ブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか? その原因として知覚過敏が考えられます。これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。 こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので、痛みやしみることを防ぐことができます。

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

歯ぐきの黒ずみ

メラニンという色素により、歯ぐきが黒くなることがあります。
こんなときもレーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。 数日後にはもとのきれいなピンク色の歯ぐきに生まれ変わります。

上原歯科のレーザー治療

上原歯科では、レーザーによる治療が効果的だと判断した場合、保険診療・自由診療を問わず、必要に応じて使用し、その症状の改善に効果をあげています。